フクロウの家

シェアハウスの仕事をしています!カリフォルニアに6年ほどいましたが、TOEIC900点越えを目指しています。筋トレが趣味です。気ままに更新をしていきます(=゚ω゚)ノ Simple is the BEST!!

企業vs個人経営のシェアハウス!どちらがいいのか!?

近年、シェアハウスの人気熱により、昔から運営をしている企業から、不動産会社・建築会社など新たにシェアハウス業界に参入してくる企業もいれば、個人で持て余している不動産資産を改築して、新たにシェアハウスを始める自営の人も増えてきています。

f:id:Tentekomai:20191224233024j:plain

シェアハウスというものは、お金と建物があれば非常に始めやすい商売だと思います。

また、不動産業というよりかはサービス業に近いため、顧客度満足を上げることで定期的な集客・長期的な入居や安定した家賃収入を得られます。

(例えば住人の要望で、ミキサーやコーヒーメーカー置いてあげる・一人ひとりにサービスで旅行のお土産を売れ全とするなど)

また、自分で管理・運営をしてしまえば、宅建士のような仲介をするわけでもないので、免許や資格も必要はありません。

ただ、建築基準法や消防法などの基本的な知識は、勉強しといたほうがいいと思います。

 

よって、シェアハウスを運営している人の中には、専業でシェアハウスを管理している人もいれば、平日は仕事・週末はシェアハウスの管理業務をするという人もいるらしいです。

 

企業vs個人

f:id:Tentekomai:20191224232908j:plain

 シェアハウスは都内だけでも何万戸もあります。

シェアハウスを選ぶ時に、家賃や立地などの様々な条件がありますが、その中でも個人経営のシェアハウスか、企業のシェアハウスかで管理具合が変わってきますので、参考にしてもらえたらと思います(=゚ω゚)ノ

 

個人経営と企業経営の比較

●設備等の対応

個人経営のシェアハウスの特徴といえば、物件所有者または管理者が同じところに住んでいることが多いため、何か不具合があればすぐに対応をしてもらうことが可能です。

例えば、「お湯が出ない」「エアコンが壊れた」などの場合ですね。

 

個人経営だと、業者手配や費用の支払いなどの全てにおいての決済がとてつもなく迅速のため、安心して住む事が出来ることが多いです。

 

一方、企業の場合だと、物件担当者が現地を確認をしてから、社内稟議を提出をし、上司の確認・承認後、さらに決済者である代表が判断をするので、時間がかかる場合もあります。物件担当者が物件に住んでいる場合もあるので、案件によってはすぐに対応してもらえることもありますが、費用のかかる対応においては個人経営ほどスピード感はありません。

 

●シェアハウスを楽しみたいなら

また、個人経営だと、お客様である住人さんと一緒にイベントを企画・運営をすることもよくあるらしいので、シェアハウスというただの住居だけでなく、みんなと交流がしやすい環境・住人の構成を組んでくれる事が多いので、シェアハウスを楽しむという意味では個人経営の強みでもあります。

 

企業管理のシェアハウスでもイベント・パーティーを開催をしていますが、お金があるゆえに規模が大きいシェアハウスを持っていることが多いので、住人みんながまんべんなく楽しめる環境を整えるのに苦労しているところも多いそうです。

 

しかし、今の時代は新しい会社がいつまで続くか分からない時代です。

 

●運営者の経済的体力

企業の強みとしては、お金を持っているため、倒産する可能性はそこまで高くはないため、いきなり「引っ越してくれ」という事はないかと思います。(物件所有者との契約内容によりますが)また、集客力や広告費などの予算面も、企業のほうが圧倒的に余裕があるので、集客に困ることはそこまでないかと思います。

 

個人経営の場合は、企業と比べると予算や集客力が弱いため、口コミ(SNSなど)をメインに集客している事が多いようです。実際に、個人経営のシェアハウスってあまりウェブ上で見ることはありません。なので、個人経営の場合は、ネット集客ではなく、SNSまたは不動産会社に依頼しているケースもあるようです。しかし、安定した集客が出来ているところは少ないため、空室数が増えてくると、運営が難しくなることもしばしばあるため、物件閉鎖を余儀なく告知されることもあります。

 

●家賃の融通

企業経営のシェアハウスの場合、 割引キャンペーンをやっているところがあります。

社内のマーケティング部や営業部が考えて、販促案として行っているキャンペーンなので、原則提示されている割引以上の割引になることはまずありません。

期待してはいけません。

 

一方、個人経営の場合は、提示している割引以上の割引をしてくれることがあります。

物件所有者とお客様で直の交渉が出来るからです。

また、お客様によっては、割引を適用出来ない方や、さらに割引が出来る方もいます。

 

シェアハウスというのは、企業にとっても個人にとっても、シェアハウスに住んでもらって一緒にイベントやシェア生活を楽しんでもらえるか、というところでお客様を選定(審査)しています。

 

家賃の支払いが遅れない事は大前提とし、一緒にシェアハウスを盛り上げてくれそうな人には、条件付きで大きな割引を適用してくれます。

 

こう列記をしてみますと、「企業より個人経営のシェアハウスがいいじゃん!」ってなりますけど、個人経営のシェアハウスはピンキリです。

 

企業の場合、企業内でルールや仕事の仕方が統一されている事が多いため、大きくぶれることはあまりないので、冒険をしてみたい方なら個人経営、安定を求めるのなら企業のシェアハウスを検討してみるのがいいのではと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!